LIFE LOG(サマタイブログ)

サマタイブログ

1990年生まれ独身男性による雑記ブログ。

【Mackintosh】マッキントッシュ×ロロピアーナ「ストームシステム」バルカラーコートレビュー

サマタイです。

 

以前から憧れておりいつかは欲しいと思っていたMackintoshのコートを今回運良く手に入れることができましたので紹介します。

 

Mackintoshとは

www.mackintosh-london.com

Mackintosh(マッキントッシュ)は1823年創業の英国ブランド。

 

マッキントッシュクロス」と呼ばれるゴム引きのレインコートが有名で、雨の多いイギリスでは当時画期的な発明とされ現在も英国ではレインコートの総称を「マッキントッシュ」と呼ぶ程に知名度が高いブランドです。

 

英国には「バーバリー」「アクアスキュータム」等コートが有名なブランドが数多くありますが、「マッキントッシュ」もこれらのブランドと並び紳士服のマスターピースとも呼ぶべきブランドではないでしょうか。

ロロ・ピアーナのストームシステムとは

jp.loropiana.com

「ストームシステム」はイタリアの高級生地ブランド「ロロ・ピアーナ」が長い年月をかけて開発した高機能生地。

 

天然素材と特殊なフィルムを組み合わせることで見た目は天然素材でありながら透湿性や撥水、防風性能を高めていることが特徴です。

Mackintosh × ロロ・ピアーナストームシステムコート

マッキントッシュといえばゴム引きのレインコートが有名ですが、一年のうち約半年間が冬の北国在住の身からすると一般的な薄手のコートでは使える期間が短く実用性を考えると暖かいウールのコートが候補に上がります。

 

ウール素材を使用しており「GORE-TEX」のような機能性があるマッキントッシュのストームシステムのコートはまさしく求めていたコートでした。

f:id:summertime8690:20210220114859j:plain

ただ新品では到底買えるはずもなく、ジャストサイズで状態のいいモノがそのうち見つかればいいなと思っていましたが今回たまたま運良く古着で発見し購入を決めました。

 

定価が2桁を超えてしまうような高価な服は今回が初めてでしたが、ロロ・ピアーナ社の生地だからなのか今まで着てきたウールのコートとはまるで別物の触り心地で例えるならカシミヤのような肌触りです。

f:id:summertime8690:20210220114925j:plain

着たときのシルエットもコートがシワひとつ無くストンと落ちるような綺麗なシルエットで、流行りのオーバーサイズではありませんが仕立ての良さが感じられます。

このあたりは古くからテーラー文化が栄えている英国製ならではとも言えるかもしれません。

f:id:summertime8690:20210220114958j:plain

また「マッキントッシュのウールのコート」と聞くと漠然と「重くて高密度のウールのコート」を想像していたのですが、想像よりも薄手で軽量のコートでした。

 

当初この薄さで真冬を耐えられるのかと不安でしたが、実際に着て外出してみると「軽くて薄いのに風を通さなくて温かい」という不思議なコートです。

f:id:summertime8690:20210220115645j:plain

表面には天然素材のウールが使用されていますが、裏面にはフィルムが貼られており軽さがありながらも暖かく防風性や撥水性、透湿性などがあるとのこと。

f:id:summertime8690:20210220115511j:plain

「ストームシステム」に寿命があるのかは今の所調べてもわかりませんが、今後着用を重ねて経年変化も含めてどう変わっていくかもそのうち記事にできればと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

冬のコートは洋服の中でも比較的高額な買い物になることが多いと思いますが、流行に流されないような定番の良品を手に入れることで長年着用することができます。

 

この機会に自分のお気に入りのコートを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が皆さんの一助となれば幸いです。